歩行を観察して嫌な予感が当たる

私が子供の頃から知っている方ですけど、『あの人の歩き方は、そのうちヤバいなぁ』と数年前から思っていて、案の定、いつも当たるとは限りませんけど今回は私の予感が当たり、それから、家人から話を聞くと脊椎の手術をされたそうです。わたしが見掛けた時に、『施術しましょうか?』 とは話しかけはしませんでした。押し付けがましくなっても迷惑だと思いますので、施術の効果には個人差や禁忌はありますけど、本来は、施術の禁忌でなければ、すぐに手術はしないで、一定期間、質の高い保存療法を試した方が良かったと思います。出来れば、こじらせる前、慢性化する前に施術した方がいいです。施術の禁忌が無ければ、脊椎の手術は最終手段だと思います。